近年、賃貸物件にて「ペット可」または「ペット共生型(同居型)」と言われているペット同居型マンションなどが増えてきました。
一般的に「ペット可」マンションでは、単にペットが「飼える」マンションであり、他の入居者の中にはペットが苦手な方がいらっしゃる可能性も多々あります。
一方、「ペット同居型マンション」では、ペットを飼うことを前提としているので、より安心してペットと共同生活ができます。
しかし、退去時に犬や猫などペットの体臭や糞尿による臭いが家中に染みつき、退去時にトラブルが発生し不動産管理会社または大家様より消臭を求められることが増えてきました。

ペット臭の完全消臭のカギは中和です

ニオイを消すにはニオイ物質を中和させるのですが、ペットの糞尿による悪臭は様々な成分や要因でそう簡単に中和することができません。
マインドカンパニーでは犬や猫などペットの糞尿による悪臭を完全消臭するために専門機関との連携などで完全消臭する技術を取得しております。

糞尿による悪臭の原因

pH

ここから少し話が難しいので飛ばしていただいてもかまいません。

上の画像を見て左側(acidic)が酸性、右側(alkaline)がアルカリ性、中央(neutral)が中性です。
学校で習ったことを思い出していただくと「酸性の液体はアルカリ性(重曹など)、アルカリ性の液体は酸性(クエン酸など)と混ぜると中和する」と習ったのを覚えていますでしょうか?

糞尿による悪臭と書いていますが、お部屋のペットによる悪臭のほとんどは尿によるものなので尿をクローズアップしてみていきます。
犬や猫の尿はpH4.5からpH7の間と言われています。
猫の場合、通常時は約pH6.5なのですが食後はアルカリ性が強くなることや、運動時や睡眠時はさらに酸性が強くなるためpH4.5からpH7という風に幅を持った数字となっています。
(余談ですが、アルカリ性が強くなると尿石が発生します。)
このようにpH値に幅があるので単純にアルカリ性の薬剤を使って中和させればよいという単純な作業では消臭できないことがお分かりいただけたかと思います。

さらに猫の尿について深く見ていくと猫の尿による悪臭の原因にはアンモニアフェリニンという2つの成分が関係しています。
アンモニアはアルカリ性、フェリニンは酸性なのでアルカリ性と酸性の性質を持った成分が猫の尿には含まれています。
さらに言うと硫化水素、イソ吉草酸、メチルメルカプタン、トリメチルアミン、ノルマル酪酸などといった成分が大量に含まれているのでなかなか市販のペット消臭剤では消臭することができないのです。

マインドカンパニーの消臭技術

世の中には「部屋のペット臭を一瞬で消す!」といった強力除菌スプレー等がたくさん出回っていますが、壁や床にしみこんでしまった糞尿の悪臭を1度の作業や散布で完全消臭することはできないとマインドカンパニーでは考えています。
糞尿がしみ込み、長時間放置された床や壁には何度も作業を繰り返すことで消臭・脱臭することができます。

実際のペット消臭作業は以下の流れでおこないます。

  1. 臭気値の測定
  2. 臭い発生場所の特定
  3. 専用の機材と薬剤を使用して清掃
  4. OST法によるオゾン消臭「化学反応による消臭作業」
  5. 最終作業にペット専用バイオ消臭

臭気測定器を使い臭気値の確認

sensor

お客様が臭いと感じられてご依頼をいただくことがほとんどなのですが、作業前と作業終了後に臭気測定をおこなうことで感覚的にもデータ的にもきちんと消臭ができたことの証明となります。
臭いを感じなくなれば問題ないとおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、我々は消臭のプロですので感覚だけのみならずデータでも消臭できたことを証明いたします。

臭い発生場所の特定

臭い発生場所の特定

臭気測定をおこなった後は臭いの発生している汚染箇所の特定をおこないます。
ペットのみならず尿は暗闇でブラックライトを当てると蛍光色に光ります。これは尿に蛍光物質が含まれているための反応です。
マインドカンパニーでは汚染箇所の特定にその特性を利用しております。

専用の機材と薬剤を使用して清掃

clean

消臭の前に汚染箇所の清掃をおこないます。
汚染がひどく木材が痛んでしまっている場合や石膏ボードへ染み込んでしまっている場合は汚染部を解体することが好ましいのですが依頼者様の意向やリフォームが難しい場合などは清掃をおこないます。

高温の水蒸気を発生させるスチームクリーナーやリンサーや、薬剤を目に見えない霧状で噴霧するフォグマスターなどの専用機材を使いながら、アルカリ性と酸性の薬剤や粉末などをそれぞれ交互に使用することで複雑な成分の汚染部を除菌清掃します。

OST法によるオゾン消臭「化学反応による消臭作業」

OST法によるオゾン消臭

汚染部に薬剤や粉末を塗布(または散布)したままエアコンなどを活用しながら室温を25度~28度くらいに保った状態でオゾン消臭器を数時間おきに稼働(OST法によるオゾン消臭)させます。

そしてこの2工程が繰り返しおこなう作業になります。この段階で80%くらいの臭いが消えるまで、消臭作業をおこないます。
多くの場合ではこの工程を4回ほど繰り返す必要があります。

最終作業に「ペット専用バイオ消臭」

最終作業にバイオ消臭

バイオ消臭剤は、オゾンと一緒に使うと効果が発揮できない性質のため、「OST法によるオゾン消臭」作業が終了した後にしか実行できません。

ここではペット専用のバイオ消臭剤を臭いの発生個所に散布して、10分程度の時間が経過したらウエスで乾拭きを行います。タイル、コンクリート・ベランダ・浴室などは比較的、容易に消臭出来ます。フローリング・柱・壁の場合、上記の「化学反応による消臭作業」と同じように手間をかけて消臭へ導きます。一番難しいのが畳で、犬や猫の尿が畳の内部までしみ込んでしまって「ペット専用のバイオ消臭剤」が尿のついている畳の奥まで届かないからです。したがって畳は極力、交換をお勧め致します。
この最終作業で完全消臭まで導きます。

犬・猫による糞尿消臭の作業料金表

マインドカンパニーでは難易度高いと言われているペット消臭の経験が多数ございます。
弊社スタッフが最適な作業方法をご提案させていただきます。
格安業者が行う作業工程が少ない作業ペット消臭作業では完全消臭は出来ないと考えております。
費用が安く作業工程が少ない業者と比較した場合、必要な作業工程と時間が異なるために費用は高い傾向になることをご理解お願い致します。

作業人件費 22,000円/名
薬剤の散布 10,000円∼15,000円/1工程(平均:4工程)
オゾン脱臭・消臭(Pancer-J 30,000円/初日(以後、1日につき15,000円追加)
オゾン脱臭・消臭(Tiger) 50,000円/初日(以後、1日につき20,000円追加)
汚染箇所の解体 3,000円∼250,000円(解体範囲による)
床下防臭処理 15,000円∼80,000円(臭い止めをコーティング/塗布範囲による)
クロス(壁紙)剥がし 15,000円∼30,000円(撤去範囲による)
原状回復リフォーム 別途見積もり
ルームクリーニング 別途見積もり

ペットの糞尿によるニオイは様々な成分や要因が重なり悪臭を放っているので、孤独死などの死臭よりも難易度が高いです。

お見積もりは完全無料、ご相談のみでも構いませんのでまずはお問い合わせください。

ペットの糞尿消臭はマインドカンパニーにお任せください

8:00〜20:00即日対応可能

お見積もり無料!ご相談だけでもご連絡ください