賃貸物件の退去時に敷金トラブルが多数起きているのがたばこによるヤニ汚れやたばこ臭です。
国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると「喫煙等により当該居室全体においてクロス等がヤニで変色したり臭いが付着した場合のみ、当該居室全体のクリーニングまたは張替費用を賃借人負担とすることが妥当と考えられる」と明記されているので、借主(居住者)がクリーニングやクロスの張替え費用を負担する必要があるとされています。
弊社と業務提携している不動産管理会社の担当者は「1部屋のみで喫煙をしていてもたばこの煙は家全体に蔓延するので、すべての部屋でクロスの全面張替えになることも少なくない」とも言っており、クロスを全面張替えるとなると部屋の広さにもよりますが2~5万円ほどの敷金請求を受けることもあるようです。

たばこによるニオイ被害

賃貸物件の原状回復において借主は敷金を支払うことで清算できるので、実際に原状回復の手配をおこなう必要のある貸主や不動産管理会社向けに書いていきます。

たばこによる被害がクロス汚れだけならクロスを張り替えると解決するのは皆さんご存知でしょう。
ですがクロスではなく壁自体にたばこ臭が吸着してしまった場合はクロスを張り替えても意味はなく、新しいクロスにもたばこ臭が移ってしまいいいことは一つもありません。
さらに、家具家電付きの賃貸物件であればすべて新しいものに変えようと思うと大きな費用が発生してしまい、家具や家電になると借主に請求できない可能性も出てきます。

物件売却時

たばこのニオイにお悩みしているのは不動産管理会社や貸主だけではありませんよね。不動産の売却でたばこ臭にお悩みの方もいるかと思います。
不動産物件の売却時にたばこ臭のひどい物件はもちろん売却価格も下がってしまいます。
消臭を依頼するにも費用は掛かりますが、そのまま売却するとその費用以上に売却料金が安くなってしまう可能性は高いです。

生活臭などの他のニオイも消臭することができますので、不動産売却時には効果売却のためにも消臭をおすすめいたします。

マインドカンパニーにお任せ!

そんなたばこ臭の消臭はマインドカンパニーにお任せください。
マインドカンパニーであれば、クロスはがし・ヤニ汚れの清掃・たばこ臭の消臭などの原状回復作業からクロスの張替えまですべて一括してご依頼いただくことが可能です。
もちろん、指定のリフォーム業者がある場合にはクロスの張替え作業無しなどのご依頼も可能です。

孤独死現場の消臭作業で磨いた技術を生かしてたばこ臭を完全に消し去りますので、たばこ臭の消臭・清掃などはマインドカンパニーにお任せください。

タバコによるヤニ消臭の作業料金表

マインドカンパニーではタバコ消臭の経験が多数ございます。
弊社スタッフが最適な作業方法をご提案させていただきます。
激安業者が行う作業工程が少ない作業の場合、タバコ消臭作業では完全消臭まで導き出来ないと考えております。
価格が安く作業工程が少ない激安業者と比較した場合、手間と作業時間が違うために料金は高い傾向になることをご理解お願い致します。

作業人件費 22,000円∼35,000円/名(作業の難易度・危険度などによって変動)
タバコ消臭剤の散布 10,000円/1工程
オゾン脱臭・消臭(Pancer-J活用の場合) 30,000円/初日(以後、1日につき15,000円追加)
オゾン脱臭・消臭(Tiger活用の場合) 50,000円/初日(以後、1日につき20,000円追加)
クロス(壁紙)剥がし 15,000円∼30,000円(撤去範囲による)
原状回復リフォーム 別途見積もり
家財クリーニング 別途見積もり
ルームクリーニング 別途見積もり
養生作業 別途見積もり
検査キットでの臭気測定(ガスクロマトフィー分析) 11万円/1回(結果までの納期:約2週間)