特殊清掃で重要な服装について解説|東京・神奈川・千葉・埼玉エリアの特殊清掃ならマインドカンパニーにまで

特殊清掃で重要な服装について解説

特殊清掃で重要な服装について解説

孤独死の起きた特殊清掃現場は、運動服などの私服はもちろんのこと、作業着と呼ばれる服装であったとしても、安全に作業することは困難です。

このページでは、特殊清掃を専業で行う私たちが作業を行う際の服装についてご紹介します。

ご自身で特殊清掃を行うことは推奨できませんが、信頼できる特殊清掃業者を探す際のポイントとしても参考にしていただければと思います。

特殊清掃現場の危険性

孤独死が発生し、発見までにある程度の日数が経過してしまった特殊清掃現場は、とても立ち入ることができないほどの悪臭が充満しています。それは、決して換気すれば解決するといったレベルの臭気ではありません。

ほとんどの方は、この悪臭によって部屋に入ることができないのですが、臭いを我慢すれば入室できるかというと、それも違います。

遺体のあった汚染箇所はもちろんのこと、特殊清掃現場には空気中にウイルスや病原菌が浮遊しています。そのため、必要なだけの対策をしていなければ、入室するだけで身体に害をもたらす危険性があるのです。

特殊清掃は、十分な対策を取った上で、適切な薬剤と機材で除菌しながらでなければ、安全に作業することはできません。

特殊清掃を行う際の服装について

特殊清掃の研修

では、私たちが特殊清掃の作業を行う際の服装についてご紹介します。

特殊清掃現場の状況によって、臨機応変に必要な服装や機材は変更しますが、以下の5点が基本になります。

  • 防護服
  • 防毒マスク
  • 安全保護ゴーグル
  • 防水・耐油性手袋
  • 防護長靴

防護服

先述の通り、特殊清掃現場ではウイルスや病原菌による感染症のリスクが高いため、地肌をさらさないことが基本になります。そのため、まずは胴体・手足を守るために全身防護服を着用します。

汚染部の清掃を行う際には、気をつけていても防護服に血液や腐敗液などの体液が付着してしまうことがあります。その際に汚染物が浸透してしまうと大きな問題につながるため、防水・耐油性能が防護服には求められます。

また、とくに夏場は防護服内が大変暑くなってしまうため、透湿性や通気性も重要なポイントとなってきます。

防毒マスク

続いて重要となるのが、空気中のウイルスや病原菌を体内に取り込まないための、防毒マスクです。

通常の不織布マスクやガーゼマスクは、自身のせきやくしゃみによる周囲への飛沫を減少させることが目的のため、特殊清掃現場での感染対策としては不十分です。また、特殊清掃現場の悪臭に対しても効果はありません。

そのため、私たちは高性能なフィルターを装着できる防毒マスクを着用し、入室・作業を行います。防毒マスクであれば感染対策はもちろん、悪臭への対策もできるため、特殊清掃において欠かすことのできない道具です。

安全保護ゴーグル

上記の防護服と防毒マスクで目元以外は隠すことができているため、残るは安全保護ゴーグルです。

特殊清掃中に体液や薬剤が目に入ってしまうと、失明や重大な障害が残ってしまう可能性もあるため、安全保護ゴーグルも必要となってきます。

防水・耐油性手袋

孤独死による汚染は、血液や体液、ウジ虫やハエなどの害虫によって起こります。汚染箇所の清掃中は、手袋を着用して作業を行いますが、体液は油を多く含んでいるため、防水だけの手袋ではなく油による劣化を防げる耐油性手袋が適しています。

また、手首までしか覆うことのできないタイプの手袋よりも、肘まで覆うことのできる耐油性手袋であれば、より安全に作業が可能です。

シューズカバー

防護服によって足先までカバーされていますが、接地面は歩くたびに擦れてしまうため、作業時間が長くなると破れてしまうことがあります。

安全靴や長靴を着用しているため、破れるとすぐに身体に悪影響があるわけではありませんが、作業のたびに靴を買い替えるのは環境にもよくありませんし、何より靴に付着した体液により汚染を広範囲に広げてしまうおそれがあります。

そのため、簡単に着脱することのできる防水・耐油性のシューズカバーを使用することにより靴を守り、そして移動を容易にすることが可能になります。

服装以外にも特殊清掃に必要な機材は多くある

孤独死現場の消臭

このように、特殊清掃を安全に行うためには、様々な対策が取られた適切な服装を準備しなければいけません。

とはいえ、これらの道具のみあれば予算1万円以内で揃えることができるため、特殊清掃業者に依頼するよりも費用を抑えて作業できると考えられる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ここまでご紹介してきた服装はあくまでも安全に作業を行うために必要な道具です。特殊清掃は名前の通り「清掃」が主な作業となりますので、服装を準備しただけでは原状復帰はできません。

そこで、孤独死現場の特殊清掃を行うために必要な機材についても、ご紹介いたします。

オゾン発生器

孤独死による腐敗臭には、オゾンショックトリートメントと呼ばれるオゾン発生器を使用した消臭法が効果的です。具体的には、オゾン発生器(発生器)によって、オゾンを部屋中に充満した臭気にぶつけることによって、悪臭を分解する消臭方法です。

このオゾン消臭器は意外と身近なところで使われており、動物病院や老人ホームなどに設置されていることもあります。

しかし、孤独死による強烈な悪臭は、市販されているオゾン消臭器が発するオゾン量ではとても消臭することができないため、私たちは業務用の超大容量のオゾン消臭器を使用して完全消臭を目指します。

噴霧器

ここまで何度も触れてきたように、特殊清掃現場にはウイルスや病原菌が浮遊しているため、感染しないための対策と除菌が必要です。

お部屋に入室する際には、除菌剤を十分に散布するために電動の噴霧器を使用し、浮遊しているウイルスや病原菌をなるべく除菌します。なかには電気が通っていない現場もあるため、電動噴霧器だけではなくポンプ式の手動噴霧器も準備しています。

各種薬剤

そして、特殊清掃では複数種類の薬剤を使用して、汚染箇所を清掃していきます。

基本的な酸性・アルカリ性・中性洗剤だけでも複数種類を用意しており、汚れによって使い分けることにより、効果的な清掃を可能にしています。マインドカンパニーでは、業務用の専用薬剤はもちろん、市販されている洗剤なども使用し、より効果的な薬剤がないかを日々テストしています。

製造で使用する薬剤や道具については清掃用具、除菌や消臭で使用する薬剤については除菌消臭薬剤のページで詳しくご紹介しています。

服装が準備できても特殊清掃を自分で行うことはおすすめできません

ここまでご紹介してきたように、特殊清掃を行うためには服装だけではなく専用の機材や薬剤も複数必要になります。また、体液が染み込んでしまった床や壁の処理、場合によっては床下にまで体液が浸透しているケースもありますので、服装や機材だけではなく特殊清掃の専門知識も必要です。

とくに賃貸物件での孤独死の場合、十分な特殊清掃が行われていなければ、大家や管理会社との大きなトラブルにつながる場合もあります。そのため、そのため、服装が準備できたとしても、特殊清掃を自分で行うことはおすすめできません。

まずは、私たちのような特殊清掃業者にご相談いただき、予算を含めてどのような対応を取るべきかを決めていくのがベストです。孤独死や特殊清掃についてお困りごとがございましたら、どのような内容でもかまいませんので、マインドカンパニーまでご相談ください。

ページトップへ戻る