1. HOME
  2. 事業案内
  3. 孤独死後の特殊清掃
  4. 孤独死現場の消臭の流れ

孤独死後の特殊清掃

Crime Scene Cleaners

孤独死後の特殊清掃

孤独死現場の消臭の流れ

孤独死現場の消臭

孤独死現場の悪臭でお悩みではないでしょうか?
マインドカンパニーでは年間200件を超える作業で培ってきた特殊清掃技術で悪臭の原因を元から除去し、孤独死現場でも完全消臭いたします。

遺体の腐敗、体液、生活臭など孤独死現場の悪臭は様々な要因が重なり合い特有の強烈な臭いになっているため、正しい知識と技術を持っている特殊清掃業者でなければ完全消臭はできません

マインドカンパニーでは、特殊清掃のご依頼の約半数が不動産管理会社様や大家様からいただいております。多くのリピーターのお客様もいらっしゃり、消臭のみのご依頼をいただくほど消臭技術に関してご好評をいただいております。

孤独死現場の消臭に関する注意点

よく孤独死現場に芳香剤が置いてあったり、消臭スプレーを散布した形跡が見受けられるのですが、ほとんど効果はありません。一時的にニオイをしのぐこともできません。(お金がもったいないのでやめておきましょう。)

また、孤独死現場の悪臭を窓を開けたり換気扇を回すなどして外に出さないでください
換気扇のダクトに臭いがついたり近隣住民の方との悪臭トラブルになりかねません。

繰り返しになりますが孤独死現場の悪臭を一般人や知識のない業者が消臭することはできません。
余分に費用がかかってしまうことになってしまうので、まずはマインドカンパニーにご相談いただければと思います。

もちろんご予算はあるかと思いますので、ご予算にあった最適な作業をご提案させていただきます。

孤独死現場の消臭の流れ

では実際に作業の流れをご紹介します。
お客様からのご依頼内容や汚染の状況など同じ現場は1つとしてありませんが、よくある作業の流れでご紹介させていただきます。

除菌剤の散布

居室内の除菌

孤独死による特殊清掃は除菌で始まり除菌に終わります。孤独死現場には様々なウイルスや菌が浮遊しています。
安全に作業を行うためにもまずは除菌剤を散布することから始まります。

除菌剤の散布は薬剤をなるべく細かい霧状にして散布することで即効性が高くなり、効率的にかつ短時間で除菌を行うことができます。

マインドカンパニーでは複合型二酸化塩素を除菌剤として使用しております。
一般的に販売させている除菌剤に多いのは安定型二酸化塩素なのですが、複合型二酸化塩素を使用することにより除菌効果と合わせて消臭効果も期待ができます。

そのため、除菌剤を散布しただけでも一段階ほど悪臭は収まっています。

汚染物の除去・搬出

汚染物の撤去・粗消臭

除菌を行った後はご遺体の下や近くにあった体液などの付着した汚染物を除去し、搬出します。

汚染物を通常の遺品整理で使用しているビニール袋に梱包してしまうと搬出時やトラックへの積み込み時に悪臭が漏れてしまい、近隣住民の方にご迷惑をかけることとなりますので、マインドカンパニーでは圧縮袋に汚染物を梱包し、真空状態にして搬出することにより悪臭が漏れ出すリスクを最小限に抑えております。

通常のビニール袋と比較すると何十倍もコストはかかってしまうのですが、お客様に信頼していただき作業を任されているので、こういった周囲への配慮も特殊清掃業者には必須ということになります。

1時間程度の粗消臭

荒消臭

汚染物を搬出した次はオゾン消臭器を1時間程度稼働させ、粗消臭を行います。

ここまでの作業では窓とドアを汚染物の搬出時以外はしめ切っているので周囲に悪臭が広がるリスクは最小限に抑えてあるのですが、この後は荷物の搬出作業(遺品整理)を行うにあたりドアの開閉が非常に多くなるので、悪臭を抑える必要があります。

家財が残っている限り、何時間オゾン消臭を行っても臭いが消えることはなく、1時間の稼働でも1日の稼働でもそこまで消臭効果に差がないという研究結果に行き着いたため、作業途中の1時間で粗消臭をマインドカンパニーではおこなっております。

荷物の搬出

孤独死現場の遺品整理

粗消臭を行い、ある程度の悪臭を抑えたところで荷物の搬出、遺品整理作業の開始です。

多くの業者が間違った認識をしているのですが、通常の遺品整理と孤独死現場の遺品整理では気を付けるポイントが大きく異なります。

通常の遺品整理でも「どこに何があるかわからない」「まだ見つかっていないものがある」というご依頼はいただきますが、孤独現場の場合はほとんどの場合で貴重品や必要なものが見つかっていません。
「年金手帳や印鑑、通帳などが必要だが自分がお部屋に入って探すこともできないので業者さんに任せよう」と考えているお客様は大勢います。

そして孤独死する約8割がセルフネグレクトという調査結果も出ているほど、孤独死現場はゴミにあふれていることが多いです。
その中から小さな荷物1つを見つけ出すのは難しいだろうと思って探し物は特にないとおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

なので、我々のような特殊清掃業者は故人様のご生前の生活をイメージし、物の置き方などからどこに貴重品があるかを推測しながら遺品整理を行わなければなりません。

汚染箇所の清掃/解体

IMG11-1024x768

遺品整理の次は汚染箇所の清掃、もしくは解体作業を行います。

清掃をするのか解体をするのかはお客様からのご依頼内容と汚染の進行具合によって異なるのですが、基本的には解体を伴う作業が必要という認識が正しいかと思います。

汚染箇所がフローリングであれば大なり小なり体液や血液が付着した床はどれだけ清掃してもシミが残ることが多いです。
中には複数の薬剤を使用することで汚染もシミも残らないこともあるのですが、非常にまれなケースです。

ほとんどの場合は床の一部、もしくは全面を解体し、内装工事をおこなう必要があるとお考え下さい。

汚染の進行が激しく、床の下にまで汚染が確認される場合には床下の清掃、および防臭処理が必要となります。
床下には根太と呼ばれる家の基礎の当たる木材が設置されているのですが、基本的に根太を解体することは家の強度の問題でできません。もし汚染が激しく解体を行う場合には根太の増強工事なども必要となってきます。

ルームクリーニング

ルームクリーニング

マインドカンパニーが孤独死現場の消臭でもっとも力を入れているといっても過言ではないのがルームクリーニング作業です。

孤独死の消臭には県警がないようにも一見思われるかもしれませんが、完全消臭を行うには徹底したルームクリーニングが必要不可欠です。

ルームクリーニングに関しましてはこの後の「ルームクリーニングへのこだわり」で詳しくご紹介いたします。

オゾン消臭(平均3日間)

オゾン消臭

最後に消臭作業です。
マインドカンパニーでは現在生産されている中でもっとも大型のオゾン消臭器「Tiger」を3台、中型のオゾン消臭器「Panther J」を4台準備しており、万全の態勢を整えて消臭を行っております。

オゾンは非常に不安定な元素で、においの原因の元素をぶつかることでニオイ分子を分解し酸素に変化させます。
オゾン自体は有毒な物質なのですが、きちんとした管理のもと作業を行うことで最高レベルの消臭効果を発揮することができます。
その消臭効果は塩素の約8倍ともいわれているほどに強力です。

しかし、このオゾン消臭でも他社より高いレベルで作業を行っております。
このオゾン消臭器を設置して数日間稼働させておけば消臭ができると考えている業者が非常に多くいるのですがこれは間違いです。

オゾン消臭を行う際はオゾンを発生させて空気を循環させる時間と、ニオイの元素とオゾンを中和させる時間を交互に設定する必要があります。
タイマー付きのコンセントでその時間を設定するのですが、この時間のバランスも経験に基づく裏付けをもってマインドカンパニーでは設定しております。

オゾン消臭器の稼働中は大きな機械音がするため夜間は稼働させないといった配慮も集合住宅の場合は必要となってきます。

オゾン消臭の効果を最大限に高めるための正しい設置場所なども決まっており、そういった知識を特殊清掃業者は常に求め続けて、精進しなければならないのです。
そうした消臭への取り組みの先に孤独死現場の完全消臭はあります。

ルームクリーニングへのこだわり

換気扇部品の清掃

では先ほど触れたマインドカンパニーがなぜルームクリーニングにこだわりを持っているのかという点についてです。

ご存知の通り、孤独死現場には非常に強烈な悪臭が漂っています。
そしてその悪臭は汚染箇所のみから発生しているのではなく部屋のいたるところに付着しており、その悪臭はお部屋の汚れにも付着しています。

油汚れやホコリなどが吸収してしまった悪臭をそのままにした状態でオゾン消臭をしても完全消臭はできません。

以上の理由で完全消臭を行うためには徹底したルームクリーニングが必要というわけです。
マインドカンパニーでは窓のサッシ、換気扇の部品、玄関のドアなど清掃していない部分はないと言えるほどに徹底的に清掃を行なっております。

低額・定額の特殊清掃なごみパック

なごみパック

「遺品整理は自分で行いたいが汚染部分は業者に綺麗にしてもらいたい」「そこまで汚染はひどくないが悪臭を取ってほしい」
そんな声にお応えして75,300円定額の「特殊清掃なごみパック」をご提供しております。

以下の作業内容をパッケージしております。

  1. 除菌剤の散布
  2. 汚染箇所の清掃
  3. 汚染物の回収
  4. 1時間程度の消臭

汚染箇所の解体作業などはなごみパックには含まれていませんが、オプションとして作業を追加することも可能です。

特殊清掃なごみパックについては以下の記事で詳しく紹介しておりますので、ぜひあわせてご覧ください。

特殊清掃サービス

マインドカンパニーでは特殊清掃作業において以下をお約束いたします。

  1. ニオイを感じることない状態まで完全消臭いたします
  2. 人体、ペットなどにも害のない安全な薬剤の使用とオゾン消臭を行います
  3. スタッフはもちろん、近隣住民の方の安全面を確保して作業を行います
  4. お客様、保険会社様にご納得いただける明瞭なお見積もりをご提示いたします

以上を遵守し、お客様が安心してご依頼いただけるよう、作業工程のしっかりとした打ち合わせを行った上でスタッフ一同作業をさせていただきます。
この他にもご要望がございましたら何なりとおっしゃってください。

孤独死現場の消臭・復旧作業はマインドカンパニーにお任せください!

ニオイというのは40万種類もあると言われており、様々な要素が普段私たちの吸っている空気中にも存在しており、孤独死現場の悪臭を100%除去することはできません。。人や動物が全く問題なく生活することのできる水準まで消臭・除菌することを完全消臭と呼んでいます。ご理解いただけますようお願いいたします。

孤独死でお困りの全てのお客様へ

電話でのお問い合わせ

0120-176-646

電話受付/8:00〜20:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お見積受付

メール24時間対応(年中無休)

脱臭マイスター認定資格

脱臭マイスター認定資格